2022年10月13日木曜日

#Linuxのしくみ ―実験と図解で学ぶOS、仮想マシン、コンテナの基礎知識【増補改訂版】を読んで販売イベントに参加した

感想

これは大変お勧めできる一冊になっていました。仕事でLinuxを普段使いしている方や学科の方なら5~6時間で読むことができる塩梅になっていると思います。入門に最適でステップアップした場合の本も紹介されています。

良かった点は次の通りです。
  • 章立てと内容の深さの塩梅が大変ちょうどよくできていること
    • 頭から順番に読むだけで理解できるように十分な配慮がされていること
    • 1章は30ページ前後になっており途中で挫折にしにくいようにコンパクトになるようになっていること
  • フルカラーで理解が容易にできる体裁に仕上げられていること
    • グラフだけでなく、図、表、コラム、章立てなどもカラーになっており、トータルデザインされていること
    • 文字間が詰まっていないこと
  • コンテナ・仮想化などクラウドベースで使っている方が抑えておきたい内容が追加されたこと
  • 実験プログラムが、GoやPythonを知らなくても分かる程度のコンパクトであること。コメントやメッセージは日本語で書かれており斜め読みしやすいこと

4年越しの改定となっていますが全く別の本と言ってよいと思います。前回途中で読むのを止めてしまった方にこそお勧めしたいとまで思いました。章立てと内容の深さの塩梅が丁度良く思いました。コンテナや仮想化などクラウドベースで使っている方が抑えておきたい内容も追加されています。

既に多くを知っている方も簡潔な説明の仕方や図が参考になると思います。 また、意外にこれ知らなかったという発見もあるでしょう。例えば何となく使っているシェルのジョブ管理など

なお、この本の真骨頂はソースコードを写経して自分の手で動かすことにあります。頭で知っていることと肌感覚で理解していることにギャップがあるのは経験があるかと思います。コードも実行するだけよりは手打ちすることがおすすめです。

出版記念イベント

https://connpass.com/event/261999/

ありがたいことに、こちらのイベントについてバーター役として声掛けをいただきまして進行や相打ち役をさせていただきました。
残念ながら録画や配信はなかったのですが、参加者の方からも多くの質問があり楽しんでいただけたようで良かったです。
また、その中で数々の裏話がきけたのでこちらに残しておきます。

資料はこちらに上がっています。

  • フルカラー化と章が3つほど追加されているが販売価格が変わらないのはなぜか?
    • 出版社が頑張っているみたいです
    • 初版は冗長な表記が多く全文を見直しました(実質書き直しみたいなもの)。その結果、既存の部分が減ったので相殺されました。
  • 実験プログラムに、GoとPythonという2つのプログラミング言語が使われているのはなぜか?
    • 1つの言語だけでは実験の目的を叶えられないシーンがいくつかあったから。例えば、Goだとスレッドを作れない(カーネル側でなくGoランタイムが独自管理している)
  • 2つのプログラミング言語があるとできない人は大変ではないか?
    • (nekomatuからの所感)私は2つともできないけど内容を理解するのには困らない程度だったので、あまり言語については気にしなくてよいと思う
    •  
    •  C言語アレルギーの感想が多かったそうだが、Go言語アレルギーの感想とか出てこないか? ー> まだ販売日前なのでその点は不明。
  • 初版は1章当たりが重く見通しが悪かったので、最初に概要があると嬉しい
    • 実は概要も書いてたけど、冗長な文章の中に埋もれてしまっていた。今回は逆に概要も削ってすっきりした
    •  
    • (neokmatuからの捕捉)発表中にも述べたが、1章30ページとコンパクトになったので迷子になることは少ないと思う。また、改訂版だが書き直されているのでぜひ別の本だと思って読んでみていただきたい。
  • C言語が骨董品になりつつあること
  • カーネル屋さんはずっとC言語に囲まれているわけだが、利用シーンは急速に小さくなりつつある。単純に利用者数が絶対的に少なくなっているということに中々気付けない
  • マイコンなどでもC言語以外で書く機会は増えている時代。またソフトウェアの多くはネイティブアプリケーションやWebアプリケーションであろう

最後に全く関係ないですが、私はこの本に書いてあることは全て把握できていました。改めてカーネルが扱っている概念や範囲はそこそこ大きく大変だなと思うとともに、今までのキャリアについてちょっと自信が持てた気がしましたw

というわけで、ぜひお手に取ってみていただければと思います。

2022年9月6日火曜日

虫歯を5本も治した。もう本当に疲れた…

2年ぶり何回目かもう分かりません。

引越しして、かかりつけ医を変えたら治療を薦められたという次第

前回はこちら
左上7番が二次虫歯になって銀のインレーで治療した

今回の治療内容

左上4番は予防的な処置として少し削りました
左下7番と6番。どちらもインレーをしていて二次虫歯の箇所。7番はやってみたら思ったよりも深く麻酔が必要でした。しかし、インレーの処置ですみました。
右下6番は予防的な処置。こちらもインレーで二次。麻酔無し。
右下7番は8番側の裏。(抜歯済みだけど裏でアプローチ弱かった)ぼちぼち。麻酔無し

通院のきっかけ

今回は右上に痛みが出てきたので、定期検診から2か月経ったぐらいですが通院しました。
上述の通り、引越ししたので新しい病院に行きました。
そしたら、肝心の症状のある所はくし張りのようで治療不要だが他の箇所が多数指摘された格好。
2か月前にクリアって言われたから、え・・・?ってなりました。

前の病院も今の病院も、設備投資がしっかりされてそれなりに意識が高い良い先生だと思います。
どちらも自信過剰な感があるのですがまぁそれはさしおいて。

ある医者はシミといい、ある医者は虫歯という

元々、右上4番と右上7番は初期虫歯で観察しましょうと言われて2年近く過ごしていました。
右下については虫歯ではなくシミと説明を受けていました。
それが新しい病院では全て虫歯と診断されました。左下も新しく発覚した箇所ですね。

定期検診で指摘すらされていない箇所は、前の病院がいまいちだったということで納得できます。
一方で、シミと言われたのが虫歯になるとはいったいどういうことなのでしょうか?

新しい先生に言わせるとこれは考え方の差だそうです。
私からすると、今の歯科業界では判断しきれないだけでしょと思ってしまいました。

なお、新しい先生は積極的に削るポリシーだそうです。表面の観察だけでは中の浸潤具合が分からず結局進行していることが多いからとのこと。
実際に、右下7番は的中してしまった格好です。一方で他の歯はそうでもなかった。

やっぱり虫歯は作ってしまったら観察も診断も困難で詰みなんです

定期検診をしても防げぬ虫歯

私は6か月毎に定期検診に通っています。この10年4つのお医者さんに、毎回きれいですね、磨けてますねとずっと言われていました。でも、実際には2年毎ぐらいにどこかしら治療している。
まだ磨き残しや生活習慣に問題があるのか……。もう本当にがっかりしますし、今回ここまで正反対のことを言われたのは初めてだったので、いよいよ歯科業界全体に恨めしい気持ちになってしまいました。いや、まぁ私が悪いわけですが。

治療履歴や症例集めはもっとされるべきではないか

もっと機材が進化したり症例が集まって解析が進むべきなのではないかと思いました。お医者さんの経験や学会・論文を読んでいても派閥とかで傾向が変わってしまうように思われるのです。さらなるサンプル収集と解析に基づいて、もう少し診断精度が均一化してほしいなと思います。


さて、こんなことを書いている私ですが、自分の治療履歴がもう分からない。
どこをいつどんな風に治したかが分からないんです。
治療履歴はトップクラスのプライバシー情報ですが、匿名化などを条件にデータは吸い上げられて医療に貢献するようになったほうが21世紀にはふさわしいように思えます。

また、患者自身もある程度は振り返れるように、標準化された治療履歴電子手帳みたいのがあると嬉しいなと思います。
だって、引越しをしたりしたら治療履歴をどうやって他のお医者さんに持ち込むのでしょうか?

歯周ポケット10㎜

虫歯じゃないですが、横向き完全埋没の親知らずについて歯周ポケットが10mmと大変なことになっていました。

歯の土台になる歯槽骨という骨があるのですが、そこが溶けっちゃっています。
前のお医者んでも歯周ポケットの説明はあったもののレントゲン診断で様子見でよいとされていました。2022年1月ごろにレントゲン撮って指摘なかったけど、新しい病院では画像診断でもやっぱり確実に溶けているから抜歯の治療が必要と言われました。

なので、月末に大病院で入院して下の左右の親知らずを抜歯する予定です。

おわりに

もうほんとうにまいっちゃいました。まだ若いのに不安です。
貯金して歯が全部なくなっても安定したインプラントできるように頑張りたいともいます。(あきらめの極致)
経緯から非常に不快な気持ちになりました。しかし前向きに考えれば、左下7番もインレーの範囲で処置できたし、歳をとるほど歯槽骨の回復が悪くなる親知らずの抜歯の機会を得ることもできました。
歯については放置していいことはなくて、用経過観察でも処置でもやっていくのがベストです。
歯医者さんや医療メーカーの方々には、もっともっと医療技術を高めていただき救っていただければ幸いです。もちろん、自衛は頑張ります。

フロスは大事


研磨剤無しなので電動歯ブラシとベストマッチ


歯の再石灰化に必要なミネラルを補給


2022年9月3日土曜日

映画 ブレッドトレイン をみた

 ブラピだけど、これはアクションどか~ん映像どーんなお金をかけたB級感ある作品だろうなと思って観に行く予定はありませんでした。
友達に誘われたのとちょっと別の記事を読んで気になったので観てきました。

\完全に予想通りでした/

お気に入りのアクションカットは冒頭のブリーフケース使うところです。
あれこれ詰め込んでる割にストーリーもうまく収めるなーと思いました。音楽との合わせもばっちりです。あと衣装や世界観の作りこみが凝ってて素敵。

観てから気付いたのですが、監督がDavid Leitchさんだったんですよね。
ジョンウィックやMr.ノーバディの方です。
尺は普通にあるのですが多少短くとも登場人物は一人減らした方が余裕はあったように感じました。

面白かったし見ごたえもあるけど、どーにも刺さりきらない何とも言えない気持ちになったので久しぶりに筆をとりました…w

原作はこちら


2022年3月21日月曜日

怒りを解消したいのか、それとも課題を解決したいのか

怒りの解消

この記事では、以下のような状況を想定している。

 「何かのトピックに対して、Aの意見は間違っている。リスペクトもないし技術的にも利用者ならすぐに分かる間違いを喧伝し、さらに実益を毀損する可能性もあり許せない。  」

このような事例に遭遇したとき、ツイッターが発展している社会では… というブラックジョークはさておき。

このような事例に遭遇したとき、なぜこんなことを述べるのだろうという意見を怒りと共に表現されるのをちらほら見かける。そこから、ゆえにあちらの陣営は敵認定とすというようなスタイルに発展しているのも見かける。

しかし、これはどちらかというと、物事を単純化し過ぎているというか…、単純化にもなっていないが。感情の怒りを解消したい行為であると感じた。

これを否定するわけではないのだが、繰り返し怒りの表現をされたりすると受け手によっては疲れてしまう。逆に同様に感じている人は共感し関係を強固にするかもしれない。表裏一体はあるにせよ、私は前者であることが多い。
また、敵対関係の構図を表明していると更にとっつきにくくなる。先鋭化していると感じるのだろう。

怒りをモチベーションに課題解決につなげる

怒りの解消を繰り返すことになるのは、怒りの源が次々に押し寄せてくるからだと思う。つまり、杞憂としている事柄を自分なりに解消する機会であると捉えることができるのではないか。
先の事例を課題解決につなげてみるとすると、次のように表現できると思う。
「最近よく○○という間違った意見が見受けられる。しかし、反証はここにある通り簡単に見つかる。このような間違った意見が繰り返しあちこちでされることには、XXのような実益を毀損する可能性が容易に想定できるので問題があると思う」 

最後に、「このような言説が依然と繰り返されていることに私は怒りを覚える」と付帯しても説得力は損なわれない。つまり、感情の源を理屈で整理しているところがポイントと考える。
この文章は問題提起である。正しくない意見を野放しにするのは良くないことが示されている。もちろん、1人がその意見を述べたところで状況がすぐに変わるわけではないだろう。一方で、これを主張した時から自分のスタンスは明確になり怒りを抑える要因になりうるのではないかと思う。また、1度作っておけばコピペして展開しやすいこともある。
 
技術的な正しさに基づいた意見や未来を一緒に議論できる仲間が増えていくのではないかと思う。これは、怒りの解消を繰り返しているだけでは中々到達できないと思う。

おまけ: 同じ穴の狢

先に単純化に基づいた敵対関係について述べた。

敵側の主張が科学的・技術的に正しくてもそれに気付かず自分自身が間違いに基づいて主張し喧伝してしまうというパターンも見かけている。

利用者なら反証が簡単に発想されるところから、自分自身はその技術に関して理解がちゃんとできていると飛躍して誤解してしまう。それゆえに堂々と技術的に正しくない理解に基づいて意見を感情的に主張してしまうという様である。

笑い事ではなくて、なまじ分かっているつもりで分かっていないパターンが一番怖いと思う。自分も気をつけたいところ。間違っていたら教えてもらえるような人でありたい。あなた鼻毛出てますよに近いかも。

この記事を書いた背景

タイトルの件をどうして思ったのかと書くと、ちょっと思うことがあることに遭遇したからに他ならない。しかし、それを書いてしまうと述べたいことが薄まってしまうので意図的に書かないことにした。
とはいえ、中々具体例無しだと難しい…。私自身も具体例を書いておかないと忘れちゃいそう。忘れちゃいそうと思っていると読み返したときに思い出すものだ。

ところで、このブログは個人の備忘録であるから、タイトルからずれたことを急に言い始めているのは容赦して欲しい。


2022年3月19日土曜日

優秀な営業さんに思うこと

優秀な営業さんは、共通してお客さんにハマるものを見抜くところだと思う。
そもそも優秀な営業とは何かというのがあるが、売上などのパフォーマンスでよいと思う。強引な手法を使えば短期で伸ばすこともできるが長期では信頼を落としたり無理がたたって自身のプライベートが弱くなる。

優秀な営業さんは、売りたい商品とか持ち合わせとかに依存しにくい。ハマる商品を持ち合わせていなくても分かっているから代案や売り込みが上手なのだと思う。
また、客層がそもそも違うとか売り込めないと判断するのも早い。お客さん側としては長々とやり取りした挙句何も成果がなく徒労になる。営業側からすると時間を消費して回転効率を落とす。先に書いたのと矛盾するが、話したがりのお客さんは多いから、うまく納得してもらって切り上げるスキルも重要だと感じている。

もちろん、大前提としてマーケティングの仕込みや取り扱う商品が魅力的であれば営業さんは苦労しないで、想定顧客に良い商品をどんどん売り込むことができる。逆に、そこがずさんだと優秀な営業さんでも難しい。パフォーマンス主義で評価する前提として、営業できる下地がなければやりがいもないしんどい仕事になってしまう。
ところで、優秀な営業さんは社内へのフィードバックもうまい。お客さんと商品やマーケティングのズレを的確にあげてきてくれる。好サイクルが生まれやすい。しかし、日報で報告を上げてもらうのは純粋な気付きじゃなくて捻りだしになってノイズが高まる印象があるので私はあんまり良いとは思わない…。

しばしば、顧客志向、お客様第一主義という話がされる。こういった時、自分が営業職をやる時にどんなものがそろっていたら嬉しいか考えると比較的社内でも合意がとりやすくてオススメです。

(なんか急に語りたくなったのでポエムりました)